電気自動車のメリット

電気自動車のメリット

デザインの自由度が高い


電気自動車のメリットで実はデザインの自由度がガソリン車などとよりも高いことがあります。それが電気自動車のメリットでしょう。
電気自動車は機構の場所を結構いろいろなところに設置することが出来ます。というのも、ガソリン車と違って貯蓄することが出来るバッテリーがどこでも設置可能になっているでしょう。ガソリン車などはタンクの位置を固定しないといけませんが、バッテリー自体がそこまで大きくないこともあり、かなりデザインを変えても問題なく使用することが出来るのです。だから、場合によってはかなり小型の電気自動車も作ることも出来るでしょう。他にも、いろいろな機能を付けてみることも可能ですね。もちろん、デザインによっては値段もかなり下げることが出来るのもメリットの内に入りますので、上手くデザインをすればとても良いでしょう。ちなみに、タンクの位置を変えることで他にも良いことがあります。それが、車輪の回転をすることが出来る点です。今ではタンクなどがあったことで回転が出来なかった車輪を回転することができるので、買い物カートのように自由自在に移動することが出来るようになるでしょう。
このように電気自動車は、デザインがかなり自由に作ることが出来ます。現在のような固定のデザインを大きく変えることが出来るでしょう。


電気自動車の事故について


電気自動車のメリットと言っても良いのか微妙ですが、電気自動車で事故を起こした場合、ガソリン車よりは安全かもしれません。
ガソリン車などは、最悪爆発をすることがありますね。だから、ガソリンや火が出ている場合は離れないといけません。しかし、電気自動車は基本的にガソリン車のように被害が大きくなることはなりにくいとされています。もちろん、だからと言って近づいて良いというわけではありませんが、それでも被害を最小限にすることが出来るかもしれません。なにせ、電気自動車は液体として燃料が出てくることは無いでしょう。だから、引火して爆発するということはあまりありませんね。ただ、一つ注意としては事故時に電流が流れることです。車全体がスパークしていると触ることで感電することがありますので注意しないといけません。だから、完全に安全というわけではありませんので注意してください。また、現在の電気自動車で問題になっている長距離の移動が出来ないというのがありますが、これによって電気量はそこまで多くないので場合によっては待てば感電をしないで助けることが出来るかもしれません。ただし、中の人が感電していないことを過程しないといけませんがね。
このようにガソリン車と比較すれば電気自動車の方が、被害が小さくて良いかもしれません。ただ、これをメリットと言ってよいのかは微妙ですね。


ガソリンよりも経済的


電気とガソリンでは電気の方が経済的です。これが電気自動車のメリットでも結構大きなところですね。
電気とガソリンで1kmあたりどのくらいの差があるかと考えた時に、電気自動車のほうがガソリン車よりも1/3安く扱うことができることが判明しました。もちろん、机上の計算出だされたことなので誤差があることはありますが、電気がいろいろなところで制作することが出来ることを踏まえても、かなり経済的と言っても良いですね。なにせ火力、水力、風力、原子炉などで作ることが出来る上に、光発電などでも電気を作ることができるのでかなり作ることが出来るでしょう。それに比べて、ガソリンは化石燃料が必要になります。それの化石燃料も有限ですから比べてしまえば電気のほうが経済的と言っても良いでしょう。だから、電気自動車を使っていった方が良いのです。ただし、いろいろと問題がありますので、その点を考えると現在はまだガソリン車のほうが良いという結論になりますがね。
このようにガソリンよりも電気のほうが経済的に良いです。そのメリットを上手く使えるように問題点を修正してもらいたいところでしょう。それさえ何とかなれば、電気自動車を使っていく方が絶対に良いですね。


ソーラーパネルを使用して電気を作りながら走行


電気自動車ということで、ソーラーパネルが使えるでしょう。これがあることで、電気を作りながら走ることができるので、かなり良いでしょう。
ソーラーパネルを電気自動車に設置することで、エネルギーを貯めながら動かすことが出来るのです。もちろん、日差しが出ていないと出来ないことですが、これで少しだけ電気を作ることが出来るのがとてもよいメリットでしょう。ただし、少し勘違いをしている人がいますが、ソーラーパネルで作った電気はあくまでも蓄電用です。これだけの電気量で電気自動車は動かないので注意してください。だから、電気自動車とソーラーパネルは永久機構と考える人が居ますが、それは間違えないので注意しましょう。ただ、本当に少しだけ電気代を浮かせることが出来るのは確かですね。
ソーラーパネルを設置することで、電気を作ることが出来るのですが、これを上手く使うとより良くなるかもしれません。例えば、太陽が出ているところに放置しておくことで充電をすることが出来ますが、何かの影で日差しが遮られると充電は落ちます。しかし、自動車なので動いて充電をすることが出来るでしょう。このように動く充電施設にすることが出来るのもメリットです。ただし、その分電気が消費されているので差し引きをするとマイナスになることが多いですがね。
このようにソーラーパネルを付けることで充電して走行をすることが出来るメリットがありますので、上手く使うと良いでしょう。


家で充電をすることが出来る


電気自動車のメリットとして、専用の充電施設さえあれば自分の家で充電をすることが出来るというメリットがあります。だから、わざわざスタンドに行って充電する必要がありませんのでかなり便利でしょう。
電気自動車は、基本的に電気で動きますので電気さえあれば充電することが出来ますね。ただ、さすがに普通の家電のようにコンセントに挿して充電をするわけではないので注意してください。だから、電気自動車用の充電施設を作る必要があります。しかし、この施設と言ってもそこまで大きいわけではありません。結構スペースを使わないので作っておくのが無難でしょう。これを制作することで簡単に充電を自宅ですることができるので、寝ている間などに充電をしておけば良いですね。ただし、逆に考えるとこれがないと充電が出来ないので注意してください。しかし、ガソリンのようにわざわざ補給しに行く必要がないのはかなり良いことでしょう。
このように電気自動車の燃料を自宅で充電をすることが出来ますので簡単ですね。もちろん、電気代などがかかりますが、それでもいつでも補給することが出来るという大きなメリットがとても良いでしょう。ただし、補給施設が必要になりますので注意してくださいね。


電気スタンドは安全性が高い


電気自動車を使用することで電気スタンドというのが出来ると思います。これは、ガソリンスタンドよりも安全性が高いと言っても良いので、かなりのメリットになることでしょう。
電気スタンドは、簡単に説明すると充電をすることが出来るスタンドのことです。現在でも幾つかあり、充電をすることが出来るでしょう。この電気スタンドがあることでのメリットは、ガソリンスタンドよりも安全性が高いということです。ガソリンスタンドで扱っているガソリンは、火が付くと爆発するおそれがありますね。それに、間違ってガソリンをこぼしてしまうと相当大変なことになるので結構注意しないといけません。まあ、それでも結構簡単に補給することができるのでセルフスタンドが出来るくらいですが、やはり危険性が無いとは言えません。しかし電気自動車は、極論を言えば子供でもコンセントを挿すことで電気を使えるように、簡単に充電をすることができるので危険なほぼ無いと言っても良いでしょう。基本的に爆発しても小規模ですし、溢れることもありません。こぼれても分解されるので感電しない限りは安全でしょう。だから、かなり安全に補給をすることができるのです。
このように電気スタンドは安全ですね。ただ、充電に時間がかかるという問題があるので、それが解決することができれば良いでしょう。まあ、安全であることはかなりのメリットですね。


騒音がしない


ガソリン車やディーゼル車などは、結構騒音が酷い場合がありますね。特にマフラーから出てくる音は相当の騒音被害を出すでしょう。しかし、電気自動車はそのような騒音を出さずに静かに走行をすることが出来るのがとても良いメリットになっているでしょう。
どのようなエンジンでも、力強い力を出すには騒音を出さないといけないのが今までの考えでした。ガソリン車やディーゼル車だけでなく、蒸気機関なども結構大きな音をだしていたでしょう。しかし、その分力強く進むことが出来るようになっていました。しかし、電気自動車はそのような騒音を極力下げて開発されたのです。下げたことによって力が出ないというわけではありません。確かに蓄電量が少ないという問題点がありますが、それでもガソリン車のように力強く進むことが出来るようになっているでしょう。だから、騒音を無くした分電気自動車が良いですね。ただし、問題があります。この騒音が無いことにより、近くに自動車が近づいていることを気が付かないで事故になることが結構多いですね。だから、騒音が解決しても他の問題が出ているので注意してください。それに、一部の人はその音が好きという人もいるくらいなので、全ての人に賛成させることが出来るとは限りません。
このように騒音が無くなったことはかなり喜ばしいことですね。しかし、それに対する問題も一緒に浮上しているので、これをどう解決するのかが重要になるでしょう。


電気ですから環境に優しい?


電気自動車の燃料は電気です。それ故に二酸化炭素を出さないので環境に優しいというメリットがありますね。これの説明をしていきます。
電気自動車はその名の通り電気を使用している車でしょう。そしてこの電気自動車はガソリン車などと異なり、二酸化炭素を一切作らないでエネルギーを作ることが出来るようになっているので、二酸化炭素を出さない分環境汚染をしない状態にすることが出来ます。だから、現在は電気自動車=エコカーなどと言われるまでになっていますね。だから、環境に優しい自動車としてこれから使っていけば良いでしょう。ただ、これには実は問題があります。その問題というのが電池の存在ですね。おもちゃでも電気を使う場合電池を使用しているでしょう。だから、電気自動車にも電池となるものが必要になり、劣化したら交換が必要になります。しかし、その使い捨てになった電池のリサイクル化がされておらず、これを破棄する過程で環境を汚染する場合があるので、これによって完全に電気自動車が環境に優しいとは言えないので注意してください。まあ、リサイクル化をすることができれば問題を解決することができるので、それがすぐにできることを祈ります。
このように電気自動車は環境に優しいエネルギーを使用しているでしょう。しかし、現在でも問題が解決していないところがあり、完璧に環境に優しいとは言えないので注意してください。


燃料が電気だから作りやすい


電気自動車のメリットとして、燃料に電気を使うというのがありますね。この電気は生産性が良いので燃料としてとても良いでしょう。
電気は、現在日本のどこでも手に入れることが出来るものですね。もちろん、コンセントや電気料金などを払わないと獲得することが出来ませんが、それでも多くのところで獲得することが出来るものです。それに、やろうと思えば電気を作ることも出来るでしょう。このように電気はかなり作りやすく生産性が良いです。ガソリンよりも圧倒的に生産性が良いので、これを使用することはかなり燃料費を抑えることが出来るということですね。だから、電気を使用する電気自動車はとても燃費が良いとされています。ただし、電気自動車にはいくつか問題がありますね。例えば、電気の充電に時間がかかる、蓄電量が少ないなどの問題点がありますのでそれが解決しないとどうしても使うことが難しくなりますね。そのようなデメリットがありますので、必ずしもガソリンよりも良いとは言い切れません。
このように燃料が電気だから作りやすい燃料としてかなり良いでしょう。電気の生産速度をもっと高くすることができれば、更に電気自動車に良くなりますので、今後もしかするともっと良くなるかもしれません。